北大阪発信、宅セレクター(兼コレクター)の日常を綴ったお気楽ブログ(^口^) reggaeに出会ってから今まで、これからを書いてみようジャマイカ! ま、1reggae好きの日々を書いていきまーす!!
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ども~急に鼻水が止まらなくなったラスタマンです。


皆さんも寒い日が続いてるんで体調崩さない様に気を付けて下さいね~。


で、今回のタイトルについてなんですが(ちょっと長くなります)、


やっぱりレコードを聴いてると避けて通れないのが音飛び

これはどうしてもレコードの製造過程上避けて通れないんですかね~(>へ<)


スタンパー (レコードに彫られる溝の付いた原型、これをレコード(塩化ビニール)にプレスして同じ物を何枚も作れる仕組み)

の問題で最初から音飛びしてる、、、、

なんて事も結構あります(;-_-)


レコード修復1

こんな時CDならちょちょっと研磨でもしてやれば大概のやつは聞ける様になりますが、


レコードなんでそういう訳にはいきません(;^-^)

まあ、対策として、ターンテーブルの針圧を調整する、クリーナーで磨く、優しく音飛びする部分を撫でる。笑

等が一般的ですかね。

でも、それじゃ治らない時が殆んどなんですよね~これが。


そんなお手上げの時にやっちゃうのがコレ!!!!


レコード修復3

デデン!!

木工用ボンドです。笑


レコード修復2

これ。笑

コレを写真の様にレコードにまんべんなくちょい厚めに均等に塗り塗りします。


で、全体が透明になるまでしっかりしっかり乾かします。


その後は、剥がして行きます、、、、

レコード修復4


レコード修復5


レコードの溝にボンドが残らない様に、、、、


レコード修復6


すると、、、、

レコード修復7



心なしか綺麗になった様な、、、、。笑

後はレコードクリーナーで磨いておしまい。



実は、たまーに傷じゃなくて溝にゴミが詰まってて音飛びしてる時も有るんで、

そんな時は効果抜群ですよ!!!!

でも成功率は50%位なんでお試しの際は自己責任でお願いしますm(_ _)m笑


自分も最終手段で滅多にやりませんし、ボンドにも思いっきり

建築内装、家具、建具にって書いてるし。笑


兎に角やる際は自己責任で、失敗したらそのレコードが聴けなくなるの覚悟でやりましょう。



と言う訳で今回のおススメ度は、、、、



おススメ度  ★

星、ひとつっっ!!!!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rasta0726.blog56.fc2.com/tb.php/23-ebf4b860
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。